性交渉をするにおける注意すべき事とNGな行為

男に産まれたからには誰もが性行為で大切な彼女を気絶するほど逝かせて、記憶に残るようなHをしてあげたいといった願いがあると思います。
だけれどその前に、SEXでの気をつけるべき事とNGな行為を教導することにします。

プレイをするにおいて頭の隅において頂きたいのが、セックスにおいてやってはマズイNG行為は、指マンで膣内をする時にイかせるために激しく女性器の中を責めると女性器にダメージを負わせ嫌われてしまうので、本当にやってはいけません(^o^)
ねっとりと優しく膣内を刺激されることが女性の立場からしたら本当は好きとのことです。

好きな女をたっぷり昇天させるセックスのテクニックをものにしても、相手によって相性が合わないといったテクニックもあるので、パートナーの反応をちゃんと観察しあなたの身につけている別のテクニックに移行し女性一人一人に合わせてあなたが身につけているセックステクニックを選んで実行するできる判断力も大事です。
当然ながら最初から激しいピストン運動をするとおまんこが異物の挿入に慣れていない状態ですので、最初はゆっくりと動かすように気をつけるようにしましょう。

アナルセックスをするのでしたら、ペニスのサイズや肛門の大きさによってどうしてもアナルセックスが出来ないという場合もありますので、そのときは潔く中止するのもパートナーへの気遣いになる。

あとは、潮吹きについても、潮吹きが出来なかった際はパートナーをいたわる意味でも断念するという判断もセックスには忘れてはいけないことであります(^o^)

大事なことは、生本番をやりたい思いを男であればきっとあるでしょうが、コンドームをしないでペニスを挿れると女性の身になって考えればうっかり中出しされて孕んでしまうかもしれない心配を抱えて心からエッチに没頭できない状態になりますから、間違いなく女性を満足させたいのでしたら優しさを見せる意味でも欲望を我慢して避妊具をして挿入するようにしましょうね。
男性側が射精してスッキリするだけの性欲解消を目的としたセックスではなく、パートナーをしっかりオーガズムを感じさせてあげ心と身体の両方から満たしてあげることのできる性交が手本にべきものなのです。

エッチをするにおける注意を払うべき事項と女性に嫌われちゃう禁止事項を理解し、その上でセックステクニックを学ぶとたとえ貴方が短小だとしても、必ずどんな女性も満足させセックスでオーガズムを感じさせれるテクニシャンへと進化しますので頑張りましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ