たくさん前戯は愛をこめてしてあげよう

性器を結合させる前に行う前戯の流れを説明すると、くちづけ→オッパイを揉む→指マン→クンニ→フェラという流れが順番が一般的で、愛をこめて前戯にどれだけ時間をかけるかで挿入後の気持ちよさが思っている以上に違ってきちゃいます。
今回は、数々の前戯テクニックの中でもテクニックによって女性の気持ちよさに差が出るクンニリングスと手マン・指マンのテクニックの2種類を教えさせていただきます。

感度の悪い女性から悦ばれる前戯の技を修得することでたとえ貴方が早漏だとしても、間違いなくセックス相手を気持よくしてあげオーガズムを感じさせれる男へと進化しますので頑張りましょう。

5分で逝かせるクンニの正しいテクニック


舌を使ってクンニをして昇天させる秘訣というのは手マンをしながらクリトリスの皮を剥いて外側から内側へと丁寧に愛撫してみてください。
クンニしている途中で吸い付いたりと舐め方を色々と切り替えてみたりクリトリスを舐める勢いやペースを加減してみて、相手がどういうふうなクンニリングスが好きかをじっくり見定めて、気持ちよさそうな反応を得られたクンニのやり方で何度もじっくりやってやるのがクンニで逝かせてしまう秘訣でございます。
とはいえどんなクンニのやり方であっても相手がクリトリスでイクまでそれなりに時間を要するので忍耐も欠かせない要素で御座います。

以下は私の今までの性経験で分かったことですが、その方法をするなら女性の反応を観察しながら使うようにしましょう。

ちなみにですがクンニリングスのやり方が上手だとそのテクニックに惚れ込んでしまい、デリヘルなどで風俗嬢と本番が出来る場合がよくあるとのことみたいです(^^)v

誰にも聞けない手マンのやりかた


手マンとは指や手をおまんこの中に入れて愛撫する行為の一つでござる。。
誰にも聞けない手マンのやりかたは指を挿入するまでにおっぱいを触ったりクリトリスを弄ったりして興奮を高め、マン汁を溢れさせてやりましょう。
体力に自信がない場合であっても上記のテクニックを使いこなす秘訣は時間をかけてしつこくその性感帯を刺激していってみると感度が高くなります…。
愛液がたっぷり分泌されてきたのを確認したら指を一本だけ25~35ミリくらいまで入れ、最初は優しくおまんこの中でスープを混ぜるように指で掻き回し、時間が経って膣圧を緩めることができたら恥骨の下辺りに存在するGスポットという部分を集中的に指先で撫で回すように責め愛撫を続けておまんこの締りが無くなってきたりしたら挿入している指の数を2本3本と増やしたり、愛撫する強さを激しくしたりしてもっと興奮させてみてください。
彼女がイッちゃいそうと声を漏らし始めたら腕の筋肉が悲鳴をあげてもイッてしまうまで手マンを持続させるようにしてあげましょう。

やる前に知っておいてほしいことなんだけど、濡れていないのに指を入れたり最初から何本も指を挿入したり、いきなり激しく手マンすると痛がったり出血させる恐れがあるので絶対にやらないでください。

たとえ貴方が小さいアソコだとしても前戯の技を我が物にできたなら女を痙攣するほど絶頂に昇らせてやれるので、生涯忘れられないようなHを提供しセックス相手がセックスを通して貴男に惚れてしまうことを心よりお祈り申し上げます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ