前戯だけでイかせるテクニック

挿入前にする前戯の流れを説明すると、キス→オッパイを揉む→手マン・指マン→クンニリングス→フェラという流れが順番がスタンダードな前戯の手順で、丁寧に前戯を上手にやるかで性器を結合してから得られる快感が差がでてきます。
今回の更新は、数々の前戯テクニックの中でも非常に手間のかかるクンニリングスと指マンの方法の2種類を教えさせていただきます。

熟女でも本気でイかせる前戯のテクニックを知るとたとえ包茎だとしても、絶対にセックス相手を満足させイかせる男になれますのでファイトあるのみです。

女性を感じさせるクンニのやり方


前戯の途中でこのクンニをして逝かせてしまうテクニックを伝授すると、手マンをしながらクリの包皮を剥いてから外側から内側へとねっとりと愛撫してあげることです。
クンニしている途中で吸い付いたりと舐め方を変更したりクリトリスを舐める勢いや速度を調整してみて、彼女がどんなクンニリングスがお好みなのかをじっくり見定めていい反応があったクンニの仕方で何度もじっくり舐めてやるのがクンニで逝かせてしまう秘訣なのだ。
どういったクンニのやり方をしても相手がクリトリスでイクまでそれなりに時間を要するので我慢強さが必要で御座います。

このことは管理人の今までの女性経験で知り得た知識ですが、今紹介したやり方をするときはちゃんと気持ちがいいかを観察しながら使うことがポイントです。

ついでに、クンニリングスが上手いとそのテクニックに惚れ込んでしまい、デリヘルなどで風俗嬢と本番することができる可能性が非常に高まるということみたいですよ(^o^)

前戯で一番大事な手マンの正しい方法


手マンというのは指や手を女性器の中に入れてまさぐる前戯の中の基本的なものの1つで~す!。
前戯で一番大事な手マンの正しい方法というのは指を挿入するまでにおっぱいを吸ったり女性器周辺に触れたりして性感を上昇させ、しっかり女性器を濡らしまくってやりましょう。
セックスの経験が少ない人でも上記の方法を上手にやる秘訣というのが丁寧にしつこくその性感帯を責めてやることで成功率が格段に上がります。
おまんこがビショビショになってきたのを確認したら中指を2~3センチほど挿入し、入れたばかりはそっとおまんこの中をまんべんなく愛撫するように指で掻き回し、3分ほど経過して膣壁を慣らすことができたら膣口から2~5センチの膣前壁にあるGスポットを重点的に中指でビートを刻むように責め愛撫を続けておまんこの締りが無くなってきたりしたら挿れている指の本数をもっと増加させたり、手マンの強さを激しくしたりしてより気持よくさせてほしい!
彼女の息遣いが荒くなったら腕の筋肉が悲鳴をあげてもイクまで指マンを続けるようにしてみよう。

それ以前に意識しておいておいてほしい事は、大して愛液が分泌されていないのに指を入れたり最初から何本も指をねじ込んだり、膣内が慣れていない時から激しく指マンすると痛がったり流血させる恐れがあるので気をつけましょう。

仮に貴方が包茎だったとしても前戯のテクニックを会得できたなら大切な彼女をヒィヒィ言わせながらイカせてやれるので、愛に溢れた肉体交渉をしてパートナーから愛されるように強力なテクニックを会得して女性とヤりまくってください!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ