性行為をするにおける注意を払うべき事と絶対にダメな行い

日本男子たるもの誰もがセックスで抱いた女をヤバイほどアクメを感じさせて、素晴らしいHをプレゼントしたいと望んではいませんか。
だがその前に、エッチするにあたって注意を払うべき事項とやってはいけないことを教導することにします。

セックスをするにおいて忘れないでほしいのが、セックスの最中にダメな行いが手マンをしている時にイかせるために激しく膣内を責めると膣壁をキズつけセックスどころでなくなってしまうから、絶対にやってはいけません…。
ねっとりと優しくまんこを責められるのが女性にとっては激しいのよりもたまらないのです。

アグロ女でさえ本気でイカセルことが出来るSEXのコツを体得しても、相手によって気持よくない場合もあり、女の反応をちゃんと見ておき別の方法を試したりして女性一人一人に合わせてあなたの使用するセックステクを武器を選ぶように変えていくする観察力も重要です。
言うまでもなくペニスを挿れてすぐに激しいピストン運動をすると膣内の筋肉組織が緩んでいない状態なので、ペニスの長い男性は気をつけてください。

アナルファックをするときは、男性器の太さや尻の穴のサイズによってどんなに肛門をゆるめてもペニスが入らないという場合もありますので、そのときは男らしく中止するのも彼女への気遣いとなります。

さらに、潮吹きについても、潮吹きに成功しなかった場合は女性の体のことを思って諦めるという判断もセックスには大事なことである…。

本当に大事なコトは、生ハメしたい思いを男であればきっとあるでしょうが、コンドームをしないでゴム無しセックスをすると女性の方はうっかり中出しされて孕んでしまうかもしれない心配がよぎって理性を壊して性行為に集中することができなくなりますから、確実に相手を満足させたいのであれば愛情の一部としてちゃんと避妊具をはめて挿入に挑むようにしましょうね。
貴男が発散できるための性欲処理することが目的のセックスはやめて、セックス相手をきちんと昇天させてあげ精神はもちろん肉体の両方から満たしてやることが可能な性交こそが目指すべきセックスなのです。

性交渉での注意を払うべきポイントと絶対にダメな行いを理解し、その上でセックステクニックを身につけるとたとえ早漏だとしても、必ずセックス相手を気持よくさせセックスでオーガズムを感じさせれる男になることが出来ますので決してあきらめないでください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ