感じさせる前戯の順番

挿入前にする前戯の手順は、キス→おっぱいの愛撫→指マン→クンニ→フェラチオという流れがスタンダードな前戯の手順で、愛情を込めて前戯に時間をかけて興奮させることで挿入後の気持ちよさが違ってきちゃいます。
本日のブログ記事は、様々な前戯の中でも非常に手間のかかるクンニリングスと指マンの正しいやり方の2種類を伝授します。

風俗嬢でさえ満足させて絶頂させる前戯の技術を修得するとたとえ貴方が短小だとしても、絶対に女を乱れさせオーガズムを感じさせれる男になることが出来ますので頑張ってください。

女性が悦ぶクンニリングスの手順


舌を使ってクンニをして昇天させるテクニックというのは、手マンをしながらクリの包皮を剥いてから舌の付け根から先まで使ってねっとりと愛撫してあげることです。
クリトリスを舐めている途中で吸い付いたりとクンニの仕方を変えたり舐める勢いやスピードを調整してみて、パートナーがどんな舐め方が気に入るかを鋭く見抜いて、感じているような反応を得られたクンニの仕方で何度もじっくりやってあげるのがクンニで逝かせてしまうポイントとなる。
とはいえどのようなクンニの方法をしても女性がクリイキするまで時間がかかりますので根気が必要なのだ。

それと筆者のこれまでのセックス経験で得たものでありますが、このテクニックをする場合はちゃんと気持ちがいいかを確認しながら使うようにしてください。

余談ですが、クンニリングスが上手だとそのテクニックに惚れ込んでしまい、デリヘルなどで風俗嬢と本番が可能になるようになるだそうでございます(^_^)

潮を吹くほど気持ちいい上手な手マンのコツ


指マンとは指や手を膣内に入れてまんこの中を弄くる前戯の一種でございますのよ。。
潮を吹くほど気持ちいい上手な手マンのコツというのは指を入れる前に乳首を触ったりパンツの上から女性器を弄ったりして前戯に時間をかけ性感を上昇させ、女性器を濡らしまくってみよう。
性行為の経験が少ない人でも今紹介した方法を使いこなすポイントというのが落ち着いてあきらめずにその箇所を中心にして責めていくことで成功率が格段に上がります!
しっかり濡れてきたのを確認したら指を第2関節まで入れ、入れたばかりはそっと膣内で円を描くように指を動かし、ある程度膣圧を緩めることができたら膣口の手前側上部にあるGスポットを中心に指先でリズムよく刺激しさらに膣分泌液の量が多くなってきたりしたら挿れている指の本数を増やしたり、手マンの力加減を強めたりしてもっと興奮させてみよう・・・。
彼女の喘ぎ声が大きくなってきたら腕の筋肉が悲鳴をあげても女性の体がピクンとなるまで手マンを続けるようにしてあげましょう。

やる前に注意を怠らないでほしい事は、濡れていないのに指マンを開始したり最初から何本も指を挿入したり、膣内が慣れていない時から全力で手マンすると膣内を傷つけたり出血させてしまう危険性があるので気をつけましょう。

例え貴方が小さいアソコだろうが前戯の技術を学修できたならパートナーを失禁するほどオーガズムを感じさせてやれるので、人生で一番のセックスとなるように努力しどんな女でも性行為を介して貴男に惚れてしまうことをお祈りしております・・・。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ