性交渉での注意すべき事とやってはいけないこと

男であるなら誰だって自分のペニスで女をヤバイほど悦ばせて、気持ちよすぎるSEXをプレゼントしたいと望んでるだろう。
でもはじめに、セックスするにおいて配慮すべき事項とNGな行為を教えることにします・・・。

メイクラブをするにおいて注意を払ってほしいのが、セックスの最中にやってはいけないことは、手で膣内をかき回している時に激しく女性器の中を手マンすると女性器をキズつけイかせる以前の話になるから、絶対にやってはいけません。
時間をかけて丁寧に手マンされることのほうが女性の立場からしたら本当はたまらないのです。

処女がハマるセックステクニックを学修しても、相手によって気持よくないということもあるので、相手の女性が示す反応をちゃんと読み取りあの手この手とワザを変えその女性に合わせてあなたが身につけている使用するセックステクを選んで実行する目も養わなくてはいけません。
当たり前のことながら挿入後すぐに激しいピストン運動をすると膣内がまだ開発されてないので、最初はゆっくりと動かすように注意を払ってください。

アナルプレイをするということでしたら、男性器の太さや尻の穴のサイズによってどんなに肛門をゆるめてもアナルセックスが出来ないという場合もありますので、そうなったら男らしく中止するのも彼女への気遣いになります。

あと、潮吹きについても、潮を噴かせられない時は女性を愛する意味でも諦めるという判断も愛を確かめ合う行為において忘れてはいけないことですね。

大変大事なコトは、生本番したい願望を男子ならみんな持っているが、避妊具を付けないでセックスすると女性の方は膣内射精されて望まぬ赤ちゃんを身ごもってしまうという不安がよぎって理性を壊して性行為に没頭できない状態になりますから、相手をイカセたいのであれば愛する形の意味でも生ハメの欲求を抑えてゴムをして性交に挑むようにしよう。
男だけが射精してスッキリするための性欲処理することが目的の性交はやめて、女の子の方をきちんと気持よくさせてあげ精神と肉体もすべて満たしてやれるエッチが理想にべきセックスなのです。

エッチするにあたって気をつけるべき事項と絶対にダメな行いを理解し、その上でsexのスキルを学ぶことでたとえ童貞であっても、間違いなくどんな女性も気持よくしてあげオーガズムを感じさせれるテクニシャンへと進化しますので是非とも最後まであきらめないでください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ