前戯の仕方

挿入前にする前戯の手順は、くちづけ→乳首を舐める→手マン・指マン→クンニリングス→フェラチオという流れが順番が一般的で、丁寧に前戯に時間をかけることで性器を結合してから得られる快感が差がでてきちゃいます。
今回の記事は、数々の前戯テクニックの中でも非常に手間のかかるクンニリングスと手マンのテクニックを説明いたしますね。

女子達を絶頂させる前戯の決め技を学ぶとたとえ短小だとしても、絶対に女を満足させ逝かせるテクニシャンになれますのでファイトあるのみです。

女性をクリイキするクンニリングスのテクニック


前戯中にクンニをして逝かせてしまう秘訣というのは、人差し指でGスポットをしながらクリの包皮を剥いてから外側から内側へとゆっくり愛撫してやるのがコツです。
クリトリスを舐めながら吸ったりとクンニの仕方を変えたりクリトリスを舐める強さやスピードを加減しながら、彼女がどんな感じのクンニが気に入るかをじっくり見抜いて、気持ちよさそうな反応を得られたクンニの仕方で繰り返し根気よくやってあげるのが舌でクリイキさせるコツになります。
とはいえどういったクンニの方法であっても女性がクリトリスでイクまでそれなりに時間を要するのであなたの我慢強さが必要なのだ。

それから僕の女性経験で知り得た知識なんだけど、今紹介したテクニックを実践するときはちゃんと気持ちがいいかを確認しながら使うことが上手くいくコツです。

因みに、クンニリングスが上手だと女性の興奮度が挿入前からすでに高い状態になるので、風俗を利用した際に風俗嬢と基盤することができるようになるとのことですヽ(^o^)丿

オーガズムを感じさせる指マンの正しい方法


俗にいう手マンとは指や手を女性器の中に入れて刺激を与える行為の一つでございまする。。
オーガズムを感じさせる指マンの正しい方法というのは指を入れる前に乳首を責めたり女性器周辺に触れたりして前戯に時間をかけ興奮を高め、膣内を濡らしてやりましょう。
体力に自信がない場合であっても上記のテクニックを使いこなすコツは焦らずゆっくりとその箇所を刺激していくことで成功率が上昇します。
しっかり濡れてきたタイミングで人差し指を一本だけそっと入れ、指を挿入し始めたばかりはゆっくりと膣内でスープを混ぜるように愛撫をし、そこそこに膣壁を慣らすことができたら膣の上壁に存在するGスポットという性感帯を中心に人差し指でビートを刻むように責め愛撫を続けておまんこの締りが無くなってきたりしたら挿入している指の数をもっと増加させたり、手マンのスピードを上げたりしてより気持よくさせてあげてください。
彼女がイキそうになったら体力の続く限り女性の体がピクンとなるまで手マンを休まずに続けてあげましょう。

それ以前に意識しておいて欲しいことなんですが、大して愛液が分泌されていないのに指マンを開始したり最初から指を何本もねじ込んだり、膣内が慣れていない時から激しく手マンすると膣内を傷つけたり出血させてしまう危険性があるので気をつけましょう。

もしあなたが超早漏だろうが前戯の決め技を学修できたなら彼女やセフレを何度も昇天させてやれるので、人生で最も気持ちいいセックスでパートナーとの愛を深め合うことが出来るように頑張るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ