誰も知らない上手な指マンの方法

当たり前のように知っている事でしょうが手マンとは指を膣内に挿入して気持よくさせる行為の一種で、上手な手マンの仕方を知らずに力任せに膣内をかき回して膣壁を傷つけたり出血される男性までいるのが悲しい現実です。

アクメを感じさせる手マンの正しいテクニックは指を挿入するまでに乳首を責めたりパンツの上から女性器を弄ったりして興奮を高め、膣内を濡らしてみよう。
おまんこがビショビショになってきたタイミングで人差し指か中指をそっと侵入させ、指を挿入し始めたばかりはゆっくりと膣内でスープを混ぜるように指を動かし、3分ほど経過して膣壁を慣らすことができたら膣口から2~5センチの膣前壁に存在するGスポットという性感帯を中心に指先で撫で回すように刺激し愛撫を続けて膣圧が緩くなってきたりしたら挿入している指の本数をもっと増加させたり、愛撫するスピードを上げたりしてより気持よくさせてほしい。
相手の息遣いが荒くなったらあと少しですので絶頂に昇るまで手マンを持続させるようにしてみよう。

少しアドバイスをすると、指マンをしながらおっぱいを愛撫したりクリトリスをクンニして余っている手や口を使って責めてやるとより一層気持ちいいみたい。
なおかつ体力に自信がない場合であっても上記のやり方を成功させるコツというのが丁寧にゆっくりとその箇所を中心にして責めていってみると感度が高くなります。

心してほしいことは、大して愛液が分泌されていないのに指を入れたりはじめから何本も指を挿入したり、膣内が慣れていない時から全力で手マンすると痛がったり流血させてしまう危険性があるので絶対にやらないでください。

だが、体の奥底から女性を気持よくさせるセックスのテクニックを身につけるには言葉じゃ伝えきれないモノもあって、手マンを手っ取り早くマスターするには正しいセックステクニックを見せてくれる映像を見たほうが私はお薦めします。


ついでに言うとそれと僕が積んできたセックス経験で得た知識なのだが、、手マンが上手いとそのテクニックに惚れ込んでしまい、風俗を利用した際にデリヘル嬢と本番することができる確率が上がります(・∀・)

気持ちよすぎる正しい指マンのテクニックを血肉化して、幸せなHを提供し抱いた女が性行為を介して貴男から深く愛情を感じてしまうことを願っています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ