SEXするにあたって配慮すべき事とNGなこと

男であるならみんなベッドの上で女性を気絶するほどイカせて、記憶に残るようなHをして惚れさせたいといった願いを持っているだろう(^o^)
けれどその前に、女性とセックスで注意すべき事とやってはいけない行いを教えこむことにします…。

和姦をするにおいて気に留めてもらいたいのが、性行為中にダメな行いが、手マンをしている時に激しく女性器の中をいじくりまわすと膣内を傷め痛いと言われるので、絶対にやらないでください。
焦らずにしっかり膣内を刺激されることが女性の立場からしたら本当は幸せになれるみたいです(^o^)

女子をイかせるSEXtechniqueを自分のものにしても、相手によって相性が悪いといったテクニックもあるので、相手の女性の反応をちゃんと観察し実行中のテクニックを変えその状況や女性によってあなたのテクニックをすぐに切り替えれるように必要があります。
当たり前のことながら挿入を開始してすぐにピストンストロークが長いと膣壁がまだ慣れていないから、激しいセックスをしたい方は注意を払ってください。

アナルファックをするのでしたら、ペニスのサイズや肛門の大きさによってどんなに肛門をゆるめてもペニスが入らないという場合もありますので、そうなったら潔く諦めるのもパートナーへの「愛」となります。

それと、潮吹きについても、潮吹きに成功しなかった場合は女性を愛する意味でも断念するという判断も楽しいセックスには大事なことですね。

極めて大事なことは、生挿入したい本心を男子なら必ずあるだろうけど、コンドームを付けないで挿入すると女性の方はそのまま中出しをされ望まぬ赤ちゃんを身ごもってしまうという不安を抱えて本気で性行為を楽しめなくなりますから、絶対に女性を昇天させたいのであれば愛情の一部として生ハメの欲求を抑えて避妊具をはめて挿入するようにしましょうね(^o^)
男が発散できるための性欲処理を目的としたエッチではなく、女の子の方をちゃんと気持よくさせてあげ精神はもちろん身体もすべて満たしてやることが可能なセックスこそが理想にべきセックスだ。

セックスをするにおける注意すべき事項と女性に嫌われちゃう禁止事項を理解し、その上で性行為の技術を学ぶことでたとえ短小だとしても、間違いなくどんな女性も乱れさせ昇天させるテクニシャンへと成長できますので頑張りましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ