セックスをするにおける気をつけるべき事項とNGな行い

男性ならみんなセックスでセックス相手をヤバイほど満足させて、愛に溢れたSEXをしてあげたいという思いがあるかと思います。
しかしまずは性交をするにおける配慮すべきポイントと絶対にダメなことを教えこむことにします。

ファックをするにおいて失念しないでいただきたいのは、女性とのセックスにおいてやってはマズイNG行為は、指で女性器の中を愛撫している時にガシガシと女性器の中を責めると膣壁を損傷させてイかせる以前の話になるから、絶対にやめてください。
時間をかけて丁寧に手マンしてやるのが女性にとっては激しいのよりもたまらないそうです。

女の子をオーガズムに昇らせるSEXのワザを習得しても、相手によって相性が合わないといったテクニックもあるので、パートナーの反応をしっかりと見ておき実行中のテクニックを変えその女性に合わせてあなたの使用するセックステクを食材によって調理法を変えるようにする観察力も重要です。
もちろんペニスを挿れてすぐに激しいピストン運動をすると膣内の筋肉組織が緩んでいない状態なので、ペニスの長い男性は注意を払ってください。

アナルファックをするなら、男性器の太さや尻の穴のサイズによってどうしてもアナルセックスが出来ないという場合もありますので、そうなったら男らしく中止するのもパートナーへの優しさになる。

さらに、潮吹きについても、潮吹きが出来なかった際は女性の体のことを思って諦めるという判断も愛を確かめ合う行為には忘れてはいけないことである。

凄い重要な事は、生姦をやりたい気持ちを思春期男子なら持ち合わせているだろうが、ゴムをしないでゴム無しセックスをすると女性の方は膣内射精されて孕んでしまうかもしれない心配がよぎって本気で性行為に集中することができなくなりますから、間違いなく女を満足させたいなら愛する形の意味でも本能を押し殺してコンドームを装着してセックスに挑むようにしましょうね。
男だけが発散できるだけの性欲発散することが目的の性行為じゃなく、セックス相手をきちんと昇天させてやり心と身体の底から満足させてあげることのできるセックスが理想にべきセックスなのです。

性行為で注意すべき事項と女性に嫌われちゃうことを理解し、その上でセックステクニックを修得することでたとえ短小であっても、絶対に女を気持よくしてあげセックスでイかせるテクニシャンになれますので是非とも最後まであきらめないでください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ