前戯で気持よくさせる手順

挿入前にする前戯の流れは、くちづけ→おっぱいの愛撫→指マン→クンニ→フェラチオという流れが順番がスタンダードな前戯の手順で、愛をこめて前戯に時間をかけて興奮させることで最終的なセックスの満足度が格段に違ってきちゃいます。
この度は、前戯の中でも大きなウェイトを占めるクンニリングスと指マンの正しいやり方の2種類を説明いたしますね。

感度の悪い女性でさえ気絶するほどイカせてしまう前戯のテクニックを学ぶとたとえ早漏だとしても、必ずどんな女性も悦ばせセックスでイかせる男へと成長できますので頑張りましょう。

レズが使うクンニリングスのやり方


舌を使ってこのクンニだけでイかせるコツを教えると人差し指でGスポットをしながらクリトリスの皮を舌で剥いてから舌先に神経を集中させてゆっくり舐めてやるのがコツです。
舐めている途中で吸引したりとクンニの仕方を変えたりクリトリスを舐める勢いやペースを調整しながら、彼女がどんなクンニリングスが好きかを鋭く観察していい反応があったクンニの仕方で何度もじっくり舐めてやるのが舌でイかせるコツでございます。
どのようなクンニの方法をしても相手がクリイキするまでそれなりに時間を要するので我慢強さが必要になる。

以下は管理人が積んできた性経験で得たものであるが、上記のやり方をするときはちゃんと気持ちがいいかを確認しながら試すことが上手くいくコツです。

それからクンニが上手いとさらに快感を求めるようになり、デリヘルなどでデリヘル嬢と本番することができる可能性が非常に高まるとのこと♪♪

指マンして指イキさせる方法


手マンとは指を女性器の中に入れて性的快楽を得る行為の中の基本的なものの1つでございます。。
指マンして指イキさせる方法というのは指を挿入するまでにおっぱいを責めたりパンツの上から女性器に触れたりして前戯に時間をかけ性感を上昇させ、膣内を濡らしてやってください。
性行為に自信がない人でも今紹介したやり方を使いこなすコツは時間をかけて何度もその箇所を責めていってみると感度が上昇します☆
おまんこがビショビショになってきたタイミングで中指をそっと挿入し、指を挿入し始めたばかりはゆっくりと膣内でスープを混ぜるように愛撫をし、3分ほど経過して膣圧を緩めることができたら膣の上壁にあるGスポットを中心に中指でビートを刻むように刺激し愛撫を続けておまんこの締りが無くなってきたりしたら挿れている指の本数を増やしたり、愛撫する力加減を強めたりしてより気持よくさせてほしい。
女性の息遣いが荒くなったら腕の筋肉が悲鳴をあげても女性の体がピクンとなるまで手マンを続けるようにしてあげましょう。

やる前に心がけていただきたいのは、大して愛液が分泌されていないのに指マンを開始したりはじめから何本も指をねじ込んだり、いきなり全力で指マンすると膣内を傷つけたり流血させる恐れがあるので絶対にやらないでください。

例え貴方が超早漏でも前戯のテクニックを自分のものにできたなら大切な彼女を一晩中気持よくさせてやれるので、人生で一番の性交渉をどんな女性にもしてあげられるように強力なテクニックを会得して頑張るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ