性交するにあたって注意を払うべき事項と女性に嫌われちゃう行為

このサイトを見て頂いている方なら誰もが皆性交中に女性を痙攣するほど絶頂に昇らせて、最高の性交をプレゼントしたいという気持ちを持っていませんか。
だがその前にセックスでの配慮すべき事と絶対にダメな禁止事項を伝えることにします…!

情事をするにおいて気に留めてもらいたいのが、セックスにおいてダメな行いが指マンで膣内をする時にイかせるために激しくまんこの中をいじくりまわすと膣内を傷め痛いと言われるので、本当に注意してください。
時間をかけて優しく手マンしてやるのが女性にとっては本当は気持ちいいそうです。

セックスした女性をおかしくなるほど気持よくさせるセックスの方法をマスターしても、相手によって気持よくないということもあるので、女の反応をちゃんと見ておきあの手この手とワザを変えその女性に合わせてあなたが身につけている責め方をすぐに切り替えれるように必要があります・・・。
当たり前のことながらはじめから全力で腰を振ると膣内がまだ開発されてないので、男性器のサイズが大きい男性は気をつけてください・・・。

アナルセックスをするときには、男性器の太さや肛門の大きさによってどんなに肛門をゆるめてもアナルセックスが出来ないという場合もありますので、そうなったら男らしく諦めるのも彼女への気遣いとなる・・・。

なおかつ、潮吹きについても、潮吹きに成功しなかった場合はパートナーをいたわる意味でも断念することもセックスには忘れてはいけないことであります。

至って重要なことは、生姦をやりたい気持ちを男子なら持ち合わせているだろうが、ゴム無しで挿入すると女性の方はうっかり中出しされて望まぬ赤ちゃんを身ごもってしまうという不安が芽生えて心から性交を楽しめなくなりうるので、どうしても女を気持よくさせたいのでしたら愛情の一部としてちゃんと避妊具をしてセックスするようにしよう。
貴男が射精してスッキリするための性欲発散の性行為じゃなく、パートナーをちゃんと気持よくさせてあげ心はもちろん身体もすべて悦ばせてあげることのできる性交が手本にべきものなのです・・・。

性行為で配慮すべき事とやってはいけない行為を理解し、その上でエッチのコツを知ることでたとえ貴方が短小であっても、間違いなく女を気持よくさせセックスで逝かせる男へと進化しますので頑張ってください・・・。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ