SEXするにあたって配慮すべきポイントと絶対にダメなこと

早漏だろうが童貞だろうが男なら誰もが皆性交中に女を何度も悦ばせて、愛に満ちたエッチというものを味わわせてあげたいと考えているはずですよね。
でもまずは性行為での注意を払うべき事と絶対にダメな禁止事項を指南することにしますっ!

情交をするにおいて脳裏に刻んで欲しいのは、セックスの中でやってはいけないことは、手で膣内をかき回している時に激しく女性器の中を手マンすると膣内を損傷させて痛いと言われるので本当にやらないでください☆
ゆっくりとしっかりまんこを責められるのが女性にとっては本当はたまらないのです。

セフレを気持よくするsexのテクニックを学修しても、相手によって気持よくないといったテクニックもあるので、セックス相手の身体的反応や表情をしっかりと読み取りあなたの身につけている別のテクニックに移行しその状況や女性によってあなたの使用するセックステクを選択していくする観察力も重要です。
当然最初からピストンストロークが長いと痛いと感じる女性も少なくないので、はじめからトバしていかないように気をつけるようにしましょう。

ANALセックスをするということでしたら、男性器の太さやアナルの締り具合によってどうしてもアナルセックスが出来ないということもあるので、そうなったら男らしく中止するのも彼女への気遣いとなります。

あと、潮吹きについても、潮吹きに成功しなかった場合は女性を愛する意味でも諦めることも幸せな性行為には忘れてはいけないことである☆

大変重要なことは、生挿入したい願望は男子ならみんな持っているが、ゴム無しでペニスを挿れると女性の方はそのまま中出しをされ望まぬ妊娠をする不安が芽生えて理性を壊して性交に集中することができなくなりますから、女を昇天させたいのでしたら愛情の一部として本能を押し殺してコンドームをはめてセックスするようにしてください。
あなただけが射精してスッキリするだけの性欲解消のセックスじゃなく、女の子の方をきちんとオーガズムを感じさせてあげ精神と肉体もすべて幸せにしてやることが可能なエッチこそが手本にべきものだ。

SEXで配慮すべきポイントと絶対にダメな行為を理解し、その上でHの方法をマスターすることでたとえ童貞だとしても、間違いなくセックス相手を満足させオーガズムを感じさせれるテクニシャンへと成長できますので是非とも最後まであきらめないでください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ