気持ちいい前戯の仕方

性器を結合させる前に行う前戯の手順は、キス→おっぱいの愛撫→手マン→クンニ→フェラチオという流れが一般的で、愛をこめて前戯にどれだけ時間をかけるかで性器を結合してから得られる快感がかなり差がでてきます。
本日のブログ記事は、前戯の中でもそこでイかせれるレベルになるクンニと手マンの正しいやり方の2種類を解説しようと思います。

感度の悪い女性でも気絶するほどイカせまくる前戯のやり口をマスターすることでたとえ貴方が短小包茎であっても、間違いなくセックス相手を気持よくしてあげ逝かせる男へと進化しますのでファイトあるのみです。

舐めてイかせるクンニリングスの正しいやり方


前戯中にクンニだけで昇天させるテクニックは女性の股を開きクリトリスの位置を確認したら外側から内側へと愛撫してやりましょう。
クンニしながら吸引したりとクンニの仕方を変えたり舐める圧力やペースを加減してみて、相手にとってどういうふうなクンニリングスがお好みなのかをじっくり見抜いて@ク:反応がいいのをするのがコツとなるのです。!☆…4@
とは言うもののどんなクンニのやり方をしても相手がクリイキするまでそれなりに時間を要するのであなたの根気も欠かせない要素になる。

それから筆者が積んできたセックス経験で分かった知識ですが、今紹介した方法を実践するときは反応を観察しながら実行するようにしましょう。

ついでにクンニが上手いと女性の興奮度が挿入前からすでに高い状態になるので、デリヘルを利用した際に風俗嬢と基盤が可能になる場合がよくあるだそうです(^_^)

ヤバすぎる上手な手マンテクニック


指マンとは指を女性器の中に挿入して性的快楽を得るテクニックの中の基本的なものの1つでござる。。
ヤバすぎる上手な手マンテクニックは指を入れる前におっぱいを触ったり女性器周辺に触れたりして前戯に時間をかけ性感を上昇させ、膣分泌液を出してあげてください。
セックスの経験が少ない人でもそのやり方を成功させるポイントは時間をかけてじっくりその性感帯を中心にして刺激していってみると感度が上昇します(^o^)
愛液がたっぷり分泌されてきたタイミングで中指を一本だけそっと入れ、指を挿入し始めたばかりはゆっくりと膣内を撫で回すみたいに愛撫をし、3分ほど経過して膣圧を緩めることができたら膣口の手前側上部にあるGスポットという性感帯を中心に人差し指で撫で回すように愛撫し愛撫を続けて膣分泌液の量が多くなってきたりしたら挿入している指の数を2本3本と増加させたり、愛撫する強さを激しくしたりしてより気持よくさせてほしい。
彼女の喘ぎ声が大きくなってきたら腕の筋肉が引きつってしまうのを我慢して絶頂に昇るまで手マンを持続させるようにしてやりましょう。

実行する前に気に留めて欲しいことなのだが、濡れていないのに指を入れたりはじめから指を何本もねじ込んだり、いきなり全力で指マンすると膣内を傷つけたり出血させる恐れがあるので絶対にやらないでください。

例えあなたが非モテ男だろうが前戯のやり口を学修できたなら彼女やセフレを白目をむくほど絶頂に昇らせてやれるので、幸せに満ちたSEXとなるように努力し様々な女性がセックスを通して貴男から深く愛情を感じてしまうことを願っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ